気になる通学時の防犯体制について

子供をお持ちの方は、子供が被害にあう悲しいニュースに胸を痛める事が多いご時勢です。自治体が配信する不審者メール情報に登録すると、怪しい人物から声をかけられたり、あとをつけられたり、写真を撮られたり、車に引っ張られたりする恐ろしい情報を連日のように受信することになり、本当に不安でたまらなくなります。あまりに多い子供がらみのニュースに、過敏に反応しすぎている部分もあるかもしれません。すれ違う見知らぬ人すべてが不審者に思えるほどの不安です。愛するわが子に万が一の事があれば取り返しがつかない傷を残すことにもなりかねません。また子供達はこれからの日本の重要な担い手であり宝物です。家族だけではなく地域みんなが協力して通学中の安全を守ることが重要です。

家族だけでなく、地域の大人が協力してつくる防犯体制

平成に入ってからと言うもの、子供の人口は減り続ける一方です。多くの小学校では近くに住む生徒達をまとめた集団登校・集団下校を行っていたり、下校の時間を出来るだけ他の学年と合わせたりすることで安全に配慮していますが、元々の子供が減っている以上、閑散とした通学路を一人で帰る子供を見かけることも多い現状です。学校のPTA活動ではシフトを組んでパトロールをする事もありますし、交通量が多く危険があるような場所には、教師が配置されて見守っていたりします。しかしそれだけでは大きな学区内の全ての安全を守れるわけではありません。不況にみまわれている現在において、若い世代の夫婦は共働き家庭が年々増え、忙しさに追われています。そこで自治会や老人会など時間に余裕のある方々にボランティアで協力してもらう事が望まれます。通学路を歩き回ってのパトロールに限らず、犬の散歩や、花の水やりのために家の前に出たり、大人のたくさんの目があることで不審者から子供を守ることができるのです。

子供達自身が自分を守る方法を学ぶ

「いかのおすし一人前」というような安全標語が各地で教えられています。知らない人についていかない、知らない人の誘いや車に乗らない、危険があれば大声で叫ぶ、すぐ逃げる、周りのおとなに知らせる、一人で行動しないなど、安全に関する知識を子供達に分かりやすくまとめたものです。こうした知識を警察や学校、ご家庭でも十分に教え、この世には残念ながら悪い人も多数存在することを、純真な子供に教えることも重要です。こうした中、様々な防犯グッズも販売されるようになりました。最も手軽に利用できるのが防犯ブザーです。いざというときにすぐ使えるよう、使いやすい位置に装着することが重要です。ランドセルには元々取り付けるための金具が着いている場合もありますので正しく装着して、定期的に鳴るかどうかのチェックをしましょう。GPSの着いた子供携帯電話なども必要な場合に利用する事も大切です。