最近の通学時の防犯グッズをまとめました

自宅から学校まで通学させることは、たとえ慣れた道を通るとはいえ、親にとっては非常に心配なものです。このような親の心配をよそに、子供は周りの楽しいことへ興味が優先されるでしょう。また、反抗期の子供であれば、注意を促せば促すほどに、従わなくなる可能性もあります、地域や学校で防犯に対して力を入れているところもありますが、子供自身に自分で自分の身を守る大切さを身につけさせたいものです。日頃から自分の身を守ることの大切さを伝えることも大切ですが、自分ではどうにもならないこともあります。そのような場合には、周囲に危険を知らせるアイテムも必要になるでしょう。万が一のことを考えて、子供に防犯グッズを持たせている親も多いでしょう。しかしその使い方を子供が知らなければ、持っている意味はありません。

人気のグッズにはどのようなものがあるか

最も手軽に子供に持たせられるものとしては、やはり防犯ブザーが一番でしょう。商品によって紐を引いたり、ボタンを押すなどの簡単な操作で、周囲に危険を知らせることができます。値段も手ごろな価格で購入できるものが多く、取り扱いに不慣れな低学年でも、取り入れやすいアイテムと言えるでしょう。さまざまな種類が販売されているので、機能や性能も様々です。低学年の場合には、かわいいキャラクターのものは、喜んでつけていくことでしょう。そして近年では位置確認ができるGPS携帯を持たせている親も多く見られます。位置確認ができることを求める親が多いことがわかります。大きくなれば遊んでいる途中でも時間を気にすることができますが、小学生の場合には遊びに夢中になって帰宅時間を忘れてしまうこともあるでしょう。その際にGPS機能が付いた携帯端末を持っていると、子供の居場所がすぐにわかり安心です。

グッズを購入する際の選び方とは

ブザーを選ぶ時のポイントとして、音が大きいものを選ぶようにしましょう。せっかく持っているブザーを作動させても、周囲の人たちが気付かなければ持っている意味がありません。十分に聞こえる音量として100デシベル以上大音量のタイプを購入すると良いでしょう。通学路に騒音が大きい場所がある際には、ブザーを作動させても気付かれない可能性もあります。この場合には子供の行動をエリアの環境に合わせて、違うグッズを検討することも必要です。GPS携帯を持たせる方法を考える人もいるかもしれませんが、携帯電話を構内へ持ち込むことを禁止している学校も多く見られます。こうなると、通学路での防犯対策には活用できなくなってしまうので、購入する前に学校に携帯電話を持ち込んでもよいのかどうか確認するようにしましょう。