通学時に役立つ防犯グッズについて

誘拐や痴漢など、通学時の子供を狙った犯罪はニュースでもよく見かけ、残念な事に後を絶ちません。いつどこで我が子も巻き込まれるかと考えると不安でいっぱい…という保護者の方は多いのではないでしょうか。通学する道には学校の先生や地域の見守り隊の方々がいてくれる事もありますが、出来るだけの対策をするのが親の務めでもあります。今回は、もしもの時に役立つ防犯グッズについてを紹介します。防犯グッズと言うとランドセルにつける防犯ブザーを頭に浮かべる方も多いと思いますが、それ一つを取り上げても今は種類豊富に揃っています。子供が大好きなキャラクターをモチーフにしたものから、GPSがついたものもあります。種類が多くて悩んでしまう方も多いようですが、ブザーの音が大きいものや操作しやすいもの、また壊れにくい、身に付けやすい、などをポイントに選ぶと良いと思います。それでは他にどんなグッズがあるか見ていきましょう。

ランドセルが変身するものや光る素材で存在アピール

犯罪者が子供を連れ去ろうとするとき、ランドセルをつかむ事が多いそうですが、そんな時に役立つのが変身するランドセルカバーです。これは、ランドセルをつかもうとするとカバーが外れてブザーが鳴る仕組みになっているもので、万一つかまれてもカバーが外れれば逃げることができるので安心です。その他にも、ブザーではなくホイッスルを首にかけておくのも有効な手段のようです。ブザーと違ってシンプルなホイッスルですが、首にかけておくと、とっさの時に対応しやすい上に電池切れの心配等もないため一つ持たせて置くと安心かもしれません。また、こちらもシンプルですがリフレクターなどの反射材などをランドセルに貼っておいたり、キーホルダーとして下げておく事も大切です。LEDを使った傘やアームバンドなども出ており、光る素材を使って存在を目立たせておくだけで犯罪防止にも役立つはずです。

機能も種類も充実したアプリもいっぱい

グッズだけでなく、携帯で使える便利なアプリも充実しています。例えば、子供の居場所を一時間おきに教えてくれるアプリがありますが、子供達だけで遊びに行く時などに非常に役立つアプリです。また、ライトとブザーが付いたアプリもあり、こちらは犯罪だけでなく、例えば通学時に地震などの自然災害が起きたという場合に活用できるのではないでしょうか。それ以外にも、事前に設定しておけばアプリを起動させただけで指定した相手に連絡できたりメールが送れるものもあります。アプリも色々な機能を備えたものがたくさん出ているので、実際に使ってみたり人から聞いたりして有効に使えるものを選んでみると良いでしょう。防犯グッズやアプリをうまく活用して、子供が危険な目にあう犯罪が少しでも減ると良いですね。